child

小児矯正をするメリット

顎の成長に合わせて歯並びや噛み合わせを良くすることができる

小児期の矯正は顎の成長をコントロールしながら矯正ができるので、歯の大きさが極端に大きかったり、大人になった時に抜歯が必用と判断される場合も、歯並びを綺麗に仕上げることができます。
また、乳歯の抜歯タイミングをコントロールさせて噛み合わせを良い状態に誘導することも可能です。

顎の曲りや顔の歪みの原因をつくらない

顎が成長する時に、噛み合わせが悪いような状況をそのままにしておくと、顎の変形や顔の歪みの原因となってしまいます。一度骨が変形してしまうと、治療に時間がかかったりお金が余計にかかってしまうことがありますので、定期検診で正しく顎や歯が成長しているかを診てもらいましょう。

虫歯などの歯のトラブルを防ぐ

歯並びが悪いと、しっかりと歯を磨くことができにくいので、結果、虫歯や歯周病などの病気になりやすくなってしまいます。
綺麗な歯並びだとそれだけで虫歯予防にもなるのです。

小児歯科の矯正方法

床矯正

床矯正(しょうきょうせい)は、発育途中の子供の「あごの骨」を正常に発育させ、歯を抜かずに自然に綺麗な歯並びにしてしまおうという矯正治療です。
歯を抜いたり、ワイヤーなどを使って、歯を無理やり整列させるのではなくあごの発育を促進させることで、自然に歯ならびを整えることができます。

矯正をお勧めする症例

  • 受け口

    顎の歯と下顎の歯が逆に咬んでいる状態です。

  • 開咬

    上と下の歯が咬み合わない状態です。

  • 叢生

    歯が重なってデコボコに生えている状態です。

  • 過蓋咬合

    噛み合わせが深すぎて上の歯の歯肉に当たってしまう状態です。

pagetop